2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


  笠間へ。
 笠間焼の窯業指導所があり、これから指導所を出て
独立する生徒さん達に、社会に出ると何が起こるかの
講義を3時間。

 で、翌日は、自分が生徒に混ざって授業を聴くことに。
 午前は、グラフィックの講義。
 笠間のデザイナー笹目亮太郎さん(事務所名:スプラウト)から
プロのアートディレクションの話しをみっちり3時間。
笹目さんの仕事は前から気になっていたけれど、
生のポスターやDMも教室に並べてくださったので
紙の質感もしっかり味わえ、質問もいろいろさせていただき
プロの仕事を教わりました。

 
 デザインはお客さまの「思い」をカタチにする仕事です。

 SproutのHPの一言。
 講義でも重要なキーワードになった。
 講義後、生徒さんと話していて、長続きしないギャラリーやショップや
「思い」がなかったり、お客様に伝わらなかったんでしょうね…と
いう話しをする。
 
 午後はのぶひろアーキテクトの加藤さんと笠間の町あるき。
 お稲荷さんのまわりをぶらぶら。
 ほんの30分だったけれど、面白かった。
 そして、店が町を作る、ということを改めて思い知った。


 
 笠間、なかなか突っ込みどころがありそう。






comment









trackback